バッグボールとは?

Bagballとは、木箱(a large crate)をボールに見立てて互いのゴールを奪い合う、フットボールやバスケットボールに似た競技です。
1on1から3on3まで、さまざまな競技形態があります。


 Bagballのあらまし
 Bagballは、2000年頃にEuropaシャードのスカラブレイ郊外にあるPCタウン "Spiritwood" で誕生しました。
元々は"a bag"を使用して相手ゴールエリアを目指すラグビーに似たゲームとして考案され、今も欧米シャードで行われています。
2001年の秋ごろ日本に輸入した際にバスケットボールをモデルとして大幅に手を加え、現在の形になりました。
海外やUO公式サイトなどでは"asian-style"あるいは"Japanese-style"などと呼ばれています。


 公式コート
 2010年1月現在、全ての在日シャードにはフェルッカのブリテイン西、ロードブリティッシュ城裏の畑に常設コートがあります。
フルコート二面とハーフコート一面、クラブハウスや瞑想室に加え厩舎や雑貨ベンダー、銀行までを備えた複合施設です。
この一帯は「公式コート」と呼ばれ、各種大会や講習会の会場となります。
イベントのない日もBagballerが集まり、練習や交流の場として使われています。

詳細については、公式コートのご案内をご覧ください。


 Bagballのルール

 ボールを相手ゴールに載せると1点を獲得します。
通常は1ゲーム1セット5点先取で行われています。
ゲームにおける禁止事項は、
  • ボールを持ったままで移動
  • ボールを三秒を超えてドラッグし続ける(三秒に一度は地面に落とさなくてはいけません)
  • 鹿マスク・マントを着用してプレー(ボールが隠れてしまいます) ※1
  • 体力をアップ、又はスタミナ回復速度をアップさせる装備の着用
  • プレー中の発言・魔法使用・攻撃
などです。熊マスクは着用しても視線が確保されるため問題ありません。
上記以外にも公式戦等々では細かいルールが存在します。
詳しくはBagballのルールをご覧ください。
※1 現在はガーゴイル等の種族も登場したため基本的に衣装等の制限はしていません。


 ゲームの流れ
1.試合の開始

試合前にボールを中央に置き、礼をしましょう。
その後互いに自陣ゴール前まで戻り、生垣にピタリと張り付きます。
このとき一歩でも前に出ていてはいけません。
全員がスタート位置についたのを確認したら、審判がボールにテレキネシスをかけます。
テレキネシスの効果グラフィックスが出たら試合開始です。
ドリブルやパスを駆使してゴールを狙いましょう。

2.得点後の再開から試合終了まで

どちらかのチームが得点したら、ボールを中央に戻します。
得点したチームは自陣ゴール前まで戻り、試合開始時と同じ位置で待機します。
得点を入れられたチームはリスタート権を持ちます。
リスタート時はボールより後ろであればどこに位置しても構いません。
リスタート権を持つチームがボールを持ち上げたらプレー再開です。
以降、1セット完了まで同様に繰り返し、試合が終了したらボールを中央に戻して最後に礼をしましょう。
※リスタートを採用しない試合では毎回審判がテレキネシスをかけてスタートします。


 Bagball Info
Bagball関連サイトには大抵、上のような画像が貼られています。
これは、マークが点灯しているシャードのコートでBagballが行われていることを示しています。
点灯する時間帯は夜の22時ごろが多いです。(※現在は毎週金曜日の22時からをメインにしてます。)
Bagballのルールは初期キャラでも遊べるようにデザインされています。
腕試しに、あるいは見学に、メインシャード以外に遠征してみてはいかがでしょう?



(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.