ルール・試合の流れ

Bagballは非常に奥が深いゲームですが、ルール自体はいたってシンプル。
装備やスキルも要らないため、作りたての初期キャラでもすぐにプレーすることが出来ます。
ここではギルドイベントなどで遊んでいただくための簡単なルールをご紹介します。


 用意する物

武器防具などは不要ですが、ボールが一つは必要になります。
街の雑貨屋や公式コート近くのNPCベンダーでbagballが売られています。
大工スキルがあれば、large crateを用意して本格的にするのも良いかもしれません。
銀行や家のセキュア内で重りを詰めることができます。


 ルールの基本
試合中、プレイヤーに出来ることは「ボールを動かす」ことと「自分が動く」ことだけです。
それぞれ「ドリブル」や「パス」、「カット」などと呼ばれるアクションとなります。

  • ドリブルとは、ボールを地面に置いて移動した後、自分でまた取ることです。
  • パスとは、ボールを地面に置いて、それを別の味方が取ることです。
  • カットとは、敵が地面に置いたボールを自分が拾うことです。


 反則について

試合を楽しむために、いくつかの決まりがあります。

  • ボールを持ったまま移動してはいけません(移動するときは必ず地面に置きます)
  • ボールをコートの外に置いたら反則です
  • 他人を攻撃してはいけません
  • プレイ中の発言は反則です ※1 ※2
  • 魔法やアイテムを使用してはいけません
  • ボールを地面に置かずに3秒を超えて持ち続けると反則ということになっています
    が、大会以外ではあまり気にしていません。
  • その他、覗きや盗みなど試合の邪魔になる行為は避けましょう
※1 台詞によってボールが隠れてしまう場合があるため、発言全般が禁止されています。
※2 得点後から位置に付くまでの試合が止まっている間などは喋っても構いません。


 ゲームの流れ

ゲームの開始

1.陣決め

 まずボールを中央に置き、左右どちらかをお互いに選択します。
 正式にはサイコロを振って決めますが、普段は適当です。

2.開始前の位置

 はじめに、互いに向き合って礼をします。
 その後自陣のスタートエリアまで下がります。
 スタートエリアは以下の範囲になります。

(写真予定場所)

 自陣の壁際にぴたりとつく形になります。

3.開始の合図

 審判がボールにテレキネシスを掛けると同時にゲーム開始となります。


試合開始から終了まで

1.得点

 ボールを反対側(敵陣)のゴール(机)に置くと1点となります。

2.得点後のリスタート(再開方法)

 ボールを中央に戻します。
 点を入れたプレイヤー(チーム)は自陣のスタートエリアまで下がります。

(写真予定場所)

点を入れられたプレイヤー(チーム)は自陣内の自由な位置からスタートする事が出来ます。但し、自分、またはチームの誰かがボールを持ち上げるまではセンターラインを踏む事はできません。

この範囲となります。

(写真予定場所)

ボールを持ち上げたらゲーム再開となります。
持ち上げる前に何らかの意思表示(「行きます」と発言するなど)を行うのが一般的です。発言文字が消えるまで待ってからスタートして下さい。
これを繰り返し、先に規定の点数(通常は5点や3点)を入れたプレイヤー(チーム)の勝利となります。

3.ゲームの終了

どちらかのプレイヤー(チーム)が規定の点数(通常は5点や3点)に達したところで試合は終了します。
ボールを中央に戻し、互いに礼をして終了です。
2セット以上の試合の場合は、互いに陣地を交代して同様に行います。



(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.