ディフェンス



Bagballがフェルッカをメインステージにしている理由、それはスタミナブロックです。
フェルッカではスタミナmaxのとき以外は他人の上を通過できません。
これを利用してディフェンスをします。


シンプルに相手の進路に自分の体を入れます。
対戦相手(赤ローブ/左攻め)がボールを持っている状況。

相手を上下の隅へと追いやるイメージです。
歩数の多いターンやスリックを仕掛けざるをえない状況にして、そこでボールを奪います。
自由にドリブルさせない、最短距離でドリブルさせないことが大切です。


チーム戦でのディフェンス



ドリブルの進路を2人がかりで塞ぐことを ダブルチーム(DT)と言います。
中央の対戦相手(赤ローブ/左攻め)がボールを持っている状況。

この形でドリブルを封じて、出したパスを狙います。
オレンジ色の布があるマスでは相手チームと味方で1対1のパス取り勝負になります。



3on3 の場合も DT + 1人の形が基本になります。
中央の3人目はパスコースに立ってパス位置を限定させたり、
パスを通されたあとの守備に戻りやすい位置に立つことが多いです。
こちらもオレンジ色の布があるマスでは相手チームと味方で1対1のパス取り勝負になります。


下の写真(予定)のように3人目も密着マークすることをトリプルチーム(TT)と言います。
守備よりカウンターに比重をおく攻撃的なフォーメーションですが、
冷静にパス位置を変えられると長距離パスを許すのでリスクが高いです。


◆裏カット◆


ドリブルやパスの位置を予測し、相手の後側からボールを奪う事を裏カットと言います。
相手のドリブルのコースを塞がないのでリスクは高いですが、成功すれば自分がフリーでカウンターを仕掛けられます。

相手が裏カットを狙ってきている場合は、いろんな種類のドリブルを混ぜると裏カットされにくくなります。




(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.